3D

知の編集

松岡さんの知の編集術があまりに難しくて何を言っているのかがさっぱりわからなかった。

これをもう少しわからないと、到底あの人に追いつけないので随分と焦った今日でした。

 

それはそうと「溺れるナイフ」、にハマりすぎていてやばいんですが、
なつめがコウちゃんに勝ちたい、っていう心に共感しすぎてなんども涙してしまいます。

 

勝ちたい、見せつけてやりたい、ざわつかせてやりたい。

そういう気持ちになる人ってごくわずかなんですが、私のMに対する気持ちはまさにそうなんです。

 

人は、本当に憧れる人物に出会った時に、こういう思いになるんじゃないでしょうか。

 

私にとってMはそういう対象、まさに憧れの存在なのです。

だから、そこにはMを取り囲む全てのものがないと成立しないと思っているのが正直な気持ちです。

 

嫁子どもがいる事実、会社をひっぱる存在まで上り詰めているクリエイターとしての顔、ときおり見せるどうしようもなく深い闇、でも世界に友人がいて、心を通わせて、本当に人間好きなところ、多言語を操るところ、何よりそれらをポンとやっているように見せつけるところ。驕り高ぶることは決してないのです。
でも全く誠実ではないし、たまに、死ねって思うこともあったりするのですが、

それら全てが愛。みたいな、恥ずかしいことを言ってしまえるくらいに、憧れています

 

彼と初めて出会った時から衝撃だったのですが、
社内の大規模なパーティで彼が急に声をかけてきたのがことのはじまりでした。

 

5分ほど話しただけで彼は私に「キミ、頭のネジが何本かはずれてるね」と言った
それを言われただけで惚れそうになってしまった私はやっぱり頭のネジがはずれているんだろうとは思いますが、
それは置いておいて、そうやって対象の人物の全てを読み取ってしまうような眼の鋭さに引き込まれていったのでした。

 

それから半年間はけっこう早かったかもしれない。
徐々に仲良くなって、徐々に一緒にいる時間も増え、今では会社の誰よりも親密なのではないかと思うほど。

 


でも一緒にいればいるほど、憧れが増すばかり。
私も、何か驚かせてやりたい。
頭のネジが外れている、といったことを本物にしてやりたい、と、そればっかり考えて日々を生きているのです。

 

私にとっての人生の衝撃。

今日も意味のわからない本を読んだのも、読み切れたのも

あなたがいたからだと思います。

多分、私をとんでもないところに連れていってくれるのは間違い無いでしょう。

 

 

 

腑抜け。

最後の更新からまた1ヶ月以上たってしまいました。
こういう言葉を描きたくなるのはやはりふと手持ち無沙汰になったときで、
まぁだいたい仕事がひと段落したときです。
この1ヶ月はまぁほぼ休みなしでずーーーっと仕事してたわけですが、
それもようやく終盤に近づいてまいりました。

おかげで、完全に昼夜逆転しております。
特にこの1週間は毎日7時就寝という狂った生活をしていましたが、
仕事がおわってもやっぱりリズムがなかなか戻らない様子で
1時半ですがビールを飲み始めました。

こういう生活をしているとAmazon primeのようなサービスが
とってもありがたい。
今日も2時間ほどで冷たいビールやチューハイ、それから卵やアイスクリーム、ソーセージを持って来てもらいました。
最近スーパーにいってなさすぎて、とにかく家に残ってる納豆とうどんor冷麦生活をしていたので、栄養がかなり偏っていそうです。

 

それに比べると今日は卵などをゲットしたので、明日の朝ごはんはちょっとリッチ。

ふー。そんな感じな充実した毎日。
しかし今日はちょっと情緒が不安定でした。
大好きなひとたちがみんな東京にいないのです。

東京にいないだけで、離れた気持ちになってしまうのはなぜでしょう
自分も離れてやろうと、そんな気分になり。
沖縄旅をしらべてみたりしたのだけど、、なんか違う。

どうしよっかな〜〜。

はがくれ

特集が終わってフヌケ状態の私は今週は全くといっていいほど仕事をしていません。

せいぜい10時間くらいといったところでしょうか。
特に木曜日からは実家に帰りのんびりと暮らし、22時とか23時には寝る毎日です。
明日はさらにのんびりと、富士山に行く予定。

いいようで、やっぱりこういう生活は向いていないと感じた休暇でもありました。
なんせ退屈が嫌い。
そして退屈だと、脳が停止状態になり、何のインプットも受け付けなくなってしまいます。


暇なときこそ読書、とか映画鑑賞、とかいうけれど、
暇なときには一向にできない。っていうかもうずーっとごろごろしてたくなってしまう。

そうしてるのは自分なのに、ごろごろして退屈な日々にどうも病んでしまうのです。
心がもう、落ち込んできてしまう。

やっぱり私は仕事にまみれて、ギリギリでいつも生きていたいーー。

最近、大麻所持で逮捕された方を思い出しました。



タイトルは今日読み始めた本。
三島由紀夫葉隠入門。
チョットまだ触りしか読んでないので、感想は後日。
でもなんかおもろい予感がしています。

 

気づけば

f:id:d0ngur10102d0ngur10102:20170521164140p:plain

 

ゴールデンウィークからだいぶ経っていたんですね。。
編集部の特集期間が7日ほどあって、毎日朝帰りしていました。完全なる昼夜逆転

体力的に苦しかったけど締め切りがありながら、わーっと仕事するのは楽しい。なんでも、記者の人と一緒になってやるのはとても楽しかったのです。
1週間がとても長く感じたけど、やってよかったと言える、思い出に残る挑戦となりました。

そのなかで、犠牲にしたこともたくさんあったのですが、
まぁ特に家庭とかですかね

わたしの悪い癖ですが、仕事で頭いっぱいになるときは、もう家庭なんて省みることができないのです。そんなときに放っておいてもらえると助かるのですが、かまってちゃんの旦那さんにはほとほと嫌気がさしてしまいました

ここについては近々決着をつけるでしょう。


さて、特集最終部の昨日、デザインの方はさほど仕事がなかったので
朝まで仕事して3時間ほど眠った後、お昼から上司宅で会社のみんなとBBQをしてきました。
13時から飲んでたのですが、気がつけば19時。
寝不足のまま6時間もぶっ通しで飲み食いしたとことに、あ。まだ自分イケるな、と気づきました。

そのあと20時くらいから会社でちょっと仕事して、自宅に帰り、久しぶりに22時くらいから寝ていたら、
仕事仲間から電話がかかってきたので、深夜3時から会社に行くという奇行を経て、仕事を終えて、自宅に帰り6時からお昼の12時までゆっくり寝て、また会社にきて、今度はハッカソンのイラスト(締め切り間際でかなり焦りながら)を描き。

そんなかんじで今に至ります。

 

全部が終わった今、スッキリというか、何か寂しい気持ちもあるのですが、
またこういう怒涛の毎日がやってくると思ったら、
いまはたっぷり休もうかという気持ちで、
あしたとあさっては会社に行かないと決めました。

 

さっそく予定をいれて、明日は初の相撲を見に両国に行ってきます

ちょっと相撲、わからないから勉強しないとな。

 

 

3時間あれば

f:id:d0ngur10102d0ngur10102:20170506151232j:plain

飛行機であれば国内、だいたいどこでもいけるんじゃないでしょうか。

そんな3時間という貴重な時間を使って、昨晩、自宅である麻布地域〜友人宅の池袋地域までを"徒歩"で移動してみました。

若いと筋肉痛がはやく来るなどという、本当なのか嘘なのかわからない噂がありますが、2時間ほど歩いて目白に到着した頃にはすでに筋肉痛のような痛みを感じていたので、私はまだ若いという認識でいて良いのでしょうか。。

 

などと、どうでもいいこと以外は、特に何か考えるわけでもなく
ただひたすら夜道を歩いたのでした。しかもカバンはいつも通り3、4キロあったと思うので、足より肩が悲鳴をあげておりそこが一番つらかったのでございます。(普通に筋肉や姿勢に悪い)

まあこれが何を意味するのかはどうでもよいのですが、
いちおう、
自分がたてたミッションを着実にこなし、小さな成功体験を味わうことは
仕事以外の時間にも経験しておくべきだよなぁなんて思ったりもしました。

 

どこまでやれるのかわからないんだけれども、一応ざっくり目標を立てて、
無理だった場合は電車に乗ろうとか妥協ポイントももうけて、ゆるく行動にうつすこと、一番大事ですね

 

私は仕事でも同じようなことを感じていて、とりあえずやってみたいことはやりたいって言っちゃう。できるかどうかなんてどっちでもよくて、やりながら考えたいし、無理だったら別の方法を考えれば良いのです。

 

 

なぜか意識の高い発言になってしまったのでこの辺で終わります。


 

 

 

 

 

 

 

やる気ない日は

f:id:d0ngur10102d0ngur10102:20170505163001j:plainやっぱりビール。


今日は朝からブルーなことがあって、何もかもやる気がなくなって、それはもう、15時くらいまでベッドの上でだらだらしていました。
こういう日は決まって、もういっそ何もやらないでいい日にしようと脳が判断してしまうのですが、今日はたまたま夜から予定が入っていたので、非常に仕方なく、やる気のないままもそもそと起きてきたのでありました。

待ち合わせまでに時間はたっぷりあるものの、とにかく外に出ないと廃人のままなので、腫れた目を修正(化粧)して、どうにか駅まで歩いてきたのでした。

本当は、いつものスターバックスに行って書き物などしようと思ったのですが
今日は道すがら目にはいった、"カフェアンドバー"と描かれた怪しい青い看板に惹かれて、ノコノコとアフリカ系のカフェアンドバーに入ったのでした。

 

店内は店員さん一人。意外と広く、快適。そしてさいきん、「異国」を強く求めていた私にとっては最高のインテリア。一目で気に入ってしまったので、めずらしく普段はロム専のFacebookに自分の居場所を晒してみました。

 

そんなお店はここ。

神谷町のbaobabu。

tomosu-lab.com

 

まぁ、もうほろ酔いです!

楽しいゴールデンウィーク

あとの二日は仕事ですかね。
今は軍事の特集をやるべく、記者の人たちと奮闘しております。

これが楽しいのでありんす。
さー。がんばろ。

プロ失格

また特集期間なので昼夜逆転です

最近隔週で真逆の生活リズムになっています

朝の6時まで仕事してそっから記事確認して帰るので家つくのは7時半とか。そっから寝て13時くらいに起きて16時くらいから会社いけたらいくみたいな。

 

まぁこれが許される会社でありがとうございますという感じですが、

なんだか慣れてきた感じもするはするで

とりあえずどうでもいいですが眠いです

 

 

ってここまで朝帰り道にかいて

いまは14時半です。

 

 

プロ失格の仕事をしたため睡眠に失敗し

いまから寝たら流石にやばいと思って外へ出るきっかけをつくりました。

それが美容院です

テンションあげるためにとりあえずビールも飲んでみました

 

いまクッソ眠い中美容院にむかっています

こんなクマだらけの女は代官山にはおりませぬよ

 

 

はー。仕事って失敗するときあるよね。

うんうん。まだやれるぜ

 

なんつって土曜日からほぼ寝ないでずーっと仕事をしていたので気分はもう木曜日あたりです

 

うーーん文章もただのつぶやきですな

とにかく眠い

必死に生きます